· 

ドイツのデュアルシステム

簡単に デュアルシステムについて説明したいと思う。

 

ドイツの教育制度の中でも特に特徴的な部分が職業訓練だとおもうが、これはデュアルシステム、二元制システムとよばれるシステムで行われ、つまり、職業学校で専門的な知識を学び、実際の職場で実践面を直接身に付けていく。

 

学校での教育と職場での教育が平行して行われることから、二元制、または二重制とよばれるもので、一般的には、実科学校を卒業してから、もしくは、(その分野にもよるが)、ギムナジウムを終了してから、国により認定された手工業、工業等の訓練職種について、通常3年間から3年半の訓練期間を経て職業資格試験をもって終了する教育システムである。

 

ほとんどの職業の訓練をうけるには、まず、訓練生をうけいれている企業と職業訓練契約を結んで就職し、企業で、週3日、4日働いて職業学校で1日、2日学ぶか、ブロック制で、一年に3、4回、集中して2、3週間学校で一括して勉強することになる。

 

一部の職種では、まず職業学校に入学して一年基礎知識を学びながら就職先をきめて2年生から、デユアルシステムの職業訓練にはいる、といったかたちをとっているところもある。

(例えば、木工職人など)

 

職業学校では、企業での訓練を理論の上でより深く理解させ補う専門授業とともに、一般教養を高める事を目的としており、授業の重点の約3分の2が専門授業に約3分の1が一般教育に置かれいる。

 

また、企業外の訓練所がある職種もあり、就職先の企業が専門化されている場合や、就職先では習得不可能な最新技術及びに特殊な分野の技術の習得を、訓練期間中、10週から16週わりあてられる。

 

職場での訓練は、マイスターとよばれるその職業の最高資格を国から保証されたものが担当し、職業教育法、及び、手法業法の規定に基づいた教育内容にそったカリキュラムで指導が行われ、専門技術、専門知識の習得、一般教養、特に青少年の場合は人格形成も考慮されてことになる。

 

訓練生には、訓練内容報告書の製作及び提出が義務づけられており、マイスターがめを通したあと、学校に提出され、学校にも企業内での訓練内容が把握できるようになっている。

 

ドイツでは、ほとんどの手工業の職種が国で公認されており、その約360の公認の職種で職業訓練がおこなわれているが、徒弟といわれる訓練生は、職業訓練を修了した後、職人試験に合格することによって資格が取得でき、その職種の職人として働くことができる。

 

世界的に有名なドイツのマイスター制度は、徒弟(職業訓練)、職人、マイスターの3段階からなり、職人の資格をとったのちにマイスターを目指すことも可能だ。

 

中世のギルドから続くマイスター制度は今日ではその第一段階である徒弟修行がドイツ職業訓練のデュアルシステムと融合し、ドイツの手工業をささえているのである。

 

簡単なドイツの職業訓練のシステムについて説明、おわり。